お金に好かれる人になる!月々お小遣い1万円の私が半年間で2万円貯めた方法。

皆さんはお金が好きですか?

。。。

。。

keugx3ujkmbjayia-1449546095

この質問に対して素直に大好きですと答えられる人はそう多くはないのではないでしょうか?

私のイメージですが日本人はあからさまにお金を稼ぐことを嫌うような傾向にあると思います。

「お金を稼ぐために仕事をしている」よりも「好きなことを仕事に」というほうが好まれますし、

「結婚相手はお金持ち」より「結婚相手は誠実な人」という方が好印象です。

しかし、お金がなくては生活していけませんし、好きなこともできません。

ここでは、お金を貯めるために私が必要であることを集めました。

スポンサーリンク

お金を貯めるにはどうしたら良いのか?

まずはお金に好かれるようにしよう

お金を貯めるには、お金がないといけません。

これは、当然のことなのですが結構な盲点なのではないでしょうか。

お金がある人というのは、お金に好かれてお金の方から寄ってくるものなのです。

人間だってそうですよね。みんなに好かれる人の周りにはいつも人が集まってくるものです。

お金に好かれるようにするにはどうすればいいでしょうか?

お金を丁寧に扱う

gahag-0084548231

これは常識かもしれませんし、子供の頃に大人からよく言われたかもしれません。

もう少し細かく言うと、

  • お金で遊ばない

これはどうやってもお金に嫌われる一方ですよね。

  • 折りたたみの財布を使わない

折りたたみの財布がなぜNGかというと、お札を折りたたむと言うのは金運を下げてしまうからです。
できれば財布にはきれいなお札を、折りたたまないで持つことのできる長財布を使うことをオススメします。

  • お尻のポケットに財布を入れない

これも意外と盲点です。

お尻のポケットに財布を入れるということは、座るときにはどうなりますか?

・・・・・・・・

そうです。

お尻に敷く事になります。『尻に敷く』というのはやっぱり悪いイメージが大きいですよね。

これを避けるためにポケットには入れずにカバンやバッグで持ち運ぶといいでしょう。

  • 小銭とお札とカードは分けて持つ

世の中には小銭入れやお札入れ、カードケースというものがあります。

すべてを別々に持つというのは、なれないうちはとても不便に思うかもしれませんが、

慣れてくるととても便利に思えてきますし、財布の中身の整理整頓にもつながります。

財布の中身を整理するということはお金の住む部屋をきれいに保つということなのでこれは好かれるポイントになりますよね。

しかも、前述したポケットに入れないというのも同時に達成できてしまうので、すごく大切なことです。

どうでしょうか。

挙げればキリがないほどお金に好かれる方法はあると思います。

なので、嫌われないためにはというのを考えるほうが早いかもしれません。

お金持ちの真似をしよう

201205_money_2959_w800

お金持ちになりたかったらお金持ちの真似をするのが一番手っ取り早い方法であると思います。

お金持ちの人はどんなことをしているか考えてみると、実は前にも書いたお金に好かれることを無意識のうちに行っているのです。

例えばセカンドバッグを持っているイメージやマネークリップや小銭入れこ使っているイメージ。

しかもお金の管理を自分でしっかりと行っている人もいれば、プロに任せている人もいます。

(これはしっかり管理していないと税金などを把握するのに大変だからです。)

他にはごちゃごちゃしたカード類を持たないこと、車の中に小銭を放置したりしないことなど

お金持ちのイメージをたくさんあげていきましょう。

これを一つでも多くマネをすることでお金に好かれる人に近づいていけると思います。

スポンサーリンク

月々のお小遣い1万円の私が半年間で2万円貯めた方法。

ここからは、実際に私が実践したお金を貯める方法を紹介していきたいと思います。

お小遣いは月々1万円です。私には妻と一人息子(3歳)がいます。

お金は全て妻が管理しており、私はそれに一つも不満はありません。

何の不自由もなく、少しの贅沢や子どもへのプレゼントなどケチることもありません。

それでもお小遣いは月々1万円です。笑

500円玉貯金をしよう

gahag-0027130744

私が行ってきた貯金方法を簡単に言うと500円玉貯金です。

『なんだ、そんなことか』

という声が聞こえてきますが、実はこれ侮ってはいけないのです。

昔の人はよく考えたもので、ちりも積もれば山となるという言葉は本当なんだと言うことを実感できると思います。

まず用意するのは、

  • お札入れ
  • 小銭入れ
  • 貯金箱

これだけです。

普段の生活の中で、コンビニなどで買い物をするときに、なるべくお釣りで500円が出るように支払いをするように心がけます。

そして、貰った小銭のお釣りは小銭入れへ。

その日の寝る前など、一日の終りに財布の中身をチェックし、残金と500円玉を確認します。

そこで500円玉は貯金箱へ入れます。

たったこれだけなのです。

この貯金方法の良いところは、貯められるうちに貯金箱へ入れることですね。

例えば月の頭にこれぐらいとか、月末に余った分を全部貯金という風にしていると、
私の場合、月末に足りなくなったり、全く貯金できなかったりすることが多々ありました。

しかし、この方法にしてからは少しずつではありますがお金が溜まっていく感覚もありますし、

確実にお金が貯められる方法でもあります。

一気にお金が減らないというのも大きなポイントです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私はまだまだお金持ちとは言えませんが、人よりお金に好かれようと努力はしています。

そして、お金のことが好きだとはっきり言うことができます。

みなさんも、一度試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク