心が温まるスピッツ5選

冬も終わりに近づいてきました。

最近は日もだんだんと長くなり、春の訪れを感じられるようになってきました。

そこで今回は、そんな時期に聴きたい心温まるスピッツの曲を集めてみました。

あくまで、私の独断と偏見で決めた曲ですので、ご了承くださいね。

春の始まりに聴きたい心温まるスピッツ5選

日なたの窓に憧れて

アルバム『惑星のかけら』に収録されているこの曲。

タイトル通り、ポカポカする曲だと思います。

繰り返されるシンセサイザーが心地いいですよね。

若葉

映画の主題歌にもなったこの曲も、選びました。

タイトルの『若葉』は生命力に溢れていますし、

アコースティックギターのアルペジオも心がポッとしますよね。

この曲は私個人的には、卒業式の合唱で歌ってもらいたいです。

『思い出せる 隅々まで』

この歌詞大好きです。

猫になりたい

アルバム『花鳥風月』に収録されている曲です。

ファンクラブの投票でも上位に来る曲で、

一時は、殿堂入りとして、必ず演奏してくれていました。

小岩井のライブの映像がとても印象に残っています。

優しい曲調のこの曲は、イメージ的には少し寒いイメージですが、

『君の腕の中』というフレーズだけで暖かいイメージが湧いてきます。

魔法のコトバ

こちらの曲も映画の主題歌になった曲です。

その映画(ハチミツとクローバー)のイメージもあり選びました。

歌詞も青春真っ只中な感じでポカポカしてきちゃいます。

PVもほのぼのしていておススメですよ。

もう一度チェックしてみてください。

不思議

私がこのテーマを考えて、一番にすぐ浮かんだのがこの曲です。

もうね、私はこの曲を聴くと幸福感が満載になってしまうんですよ。

冒頭の

『目と目で通じ合える 食べたいものとか

今好きな色は緑色 雨上がり

絵になるスマイルが 僕に降り注ぐ

痛みを忘れた そよ風にだまされて』

たまらないです。

キュンキュンしちゃいます。

まとめ

最初にも書いた通り、私の独断で選ばせていただきました。

皆さんの心温まる曲も是非教えてください。