私が結婚式で実際に使ったスピッツの曲4選

こんにちは。しろくまです。

今回特集するのは結婚式で使うスピッツの曲です。

スピッツファンの方なら自分の結婚式でスピッツの曲を使いたいと思うはずです。

しかも、みなさん一度は「どの曲を使おうか」と考えたことがあるのではないでしょうか。

私の場合は、妻の理解もあり、結婚式ではたくさんのスピッツの曲を使わせていただきました。

そこで、実際私の結婚式で使った曲を紹介していきたいと思います。

(ただ、注意してほしいのは、私が結婚式を挙げたのが2012年の1月だったということです。

なので、それ以降に発売された曲は使用していませんのでご注意ください。)

入場に使った曲

まずはじめに新郎新婦の入場がありますが、その時に使用した曲は

『スカーレット』

です。

この曲は以前から私のお気に入りの1曲でもあったので、入場のイメージも大体はついていました。

イントロから始まり、歌い出しで扉を開けてもらいました。

歌詞のイメージも曲調も結婚式にはピッタリの1曲ではないでしょうか。

乾杯の発声の時に使った曲

次に乾杯の挨拶ですね。

これは私の場合、高校の恩師にお願いしました。

挨拶をしていただき、その後に乾杯の発声をしてもらいました。

イメージとしては『乾杯!!→曲がかかる』といった感じです。

その時に使用したのは、

『渚』

です。

こだわったのが、シングルバージョンの渚を使うことでした。

シングルバージョンですと、イントロの最初の部分がカットされているので、スッと曲に入ることができます。

ぜひこの機会にアルバムとシングルの違いを聴き比べてみてください。

両親への挨拶で使った曲

その後、食事やケーキカットなどがあり、終盤に差し掛かると必ずあるのが両親にあてた手紙です。

ここでは

『ジュテーム?』

です。

ジュテームとは日本語で愛してるという意味があります。

優しいアコギの音色とゆっくりとした曲調なので、これもピッタリの選曲だったと思っています。

退場に使った曲

そして、最後に式場から退場する時に使った曲です。

そこでは

『君は太陽』

を使用しました。

この曲は、映画「ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~」の主題歌にもなったことで知られていますが

奥さんがこの映画の大ファンで、君は太陽のリクエストもあり、退場はこの曲に決まりました。

手紙を読んで、少し湿った空気を明るく変えてくれた一曲でした。

最後に

この他にも、食事の時にかけたBGMや、ケーキカットなどたくさんの場面でスピッツの曲をかけさせていただきました。

そして、結婚式後に発売された曲の中にも使うと良さそうなものもたくさんありました。

ただ、結婚式は2人で作るものです。

私はラッキーなことに奥さんの理解があったからこそできたのです。

もし、スピッツの曲を使うなら本当におすすめですよ!!